fbpx

「第17回湘南国際マラソン」が2022年12月4日(日)に開催されます。

株式会社ゴールドウインと〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス〉が大会スペシャルスポンサーを務める本大会は「TAKE ACTION, BE BETTER」をスローガンに掲げ、世界に誇れる環境に配慮したサステナブルなマラソン大会として、多くの人に環境問題を意識し、それぞれの行動へとつながるきっかけになる大会を目指すというもの。

大きなトピックスとしては、これまで出場者の給水のために使用していた約50万個の紙コップ/プラカップや約31,500本のペットボトルを全廃し、世界でも初となる(※1)マイボトルマラソンを実現。

出場者は自身でマイボトル/マイカップを持って走り、コース上200ヵ所以上の給水ポイントに設置される給水タンクや給水ジャグから水を汲むことになります。

この給水システム自体が災害の際に地域の給水プラットフォームとして機能するように想定した取り組みも実施。また、出場者の荷物入れに使用する袋にリサイクルポリ袋を採用し、会場の飲食に関してはリターナブル食器を推奨するなどゴミの出ない運営を行うことも注目すべきポイントです。

(※1)参加者が数万人規模のフルマラソン大会で、下記条件を参加ルールとして開催する大会は「世界初」となります。レース中、マイボトル(容量400ml以上)の携行が必須/上記のマイボトルを満水にしてスタートする事が必須/「紙コップ及びプラコップ」での給水提供は一切行わず、参加ランナーが、自身の「マイボトル及びマイカップ」で水分補給を行う給水所運営を行っている。

また、〈THE NORTH FACE〉がペットボトルリサイクルによる繊維を採用した参加者記念Tシャツと、繰り返し給水に使用できるソフトカップを出場者全員に提供。参加者記念T シャツは、必要分だけを製作するため、必要のない方は受け取らない選択もできるようにし、自身が着用せず家族などが着用する場合も想定して、キッズサイズも用意されています。また、大会を運営するボランティアスタッフへ提供するウェアもペットボトルのリサイクル素材を使用しているということです。

さらに会場内では出場者や来場者から不用となったウェアを集める回収BOXを設置。そこで回収されたウェアは、〈THE NORTH FACE〉独自のウェアリサイクルの循環型アップサイクルプロジェクトである「EXPLORE SOURCE (エクスプロールソース)」によって、新たな製品に生まれ変わる予定です。

他にもゴールドウインが取り扱うキッズアイテムのブランドを横断して展開する新業態「PLAY EARTH KIDS」によるアスリートワークショップ「PLAY with ATHLETE」や、廃棄されるシューズを減らして再利用することでのリユースの促進と、リユースシューズをパートナー団体(Soles4Souls)を通じて地球規模の問題解決に役立てる「ユーズドシューズ回収プログラム」も本大会会場内で実施されます。

様々な面で環境に配慮しながら、マラソン大会の新しいスタンダードを提示する「第17回湘南国際マラソン」に大きな注目が集まりそうです。

第17回湘南国際マラソン Webサイト
https://www.shonan-kokusai.jp

MAIL