fbpx

昨年秋、仕事の関係で道東を旅する機会があり、そこで初めて根室を訪れた。〈AVM〉のデザイナー古川広道さんが住む根室は、北海道の最も東の地。彼は東京から移り住み、自宅兼アトリエでジュエリーを制作している。アトリエにお邪魔した際には、野生のベリージャムのホットドリンクを出していただき、納沙布岬を案内してもらった。根室の自然環境と深く繋がりながら営む暮らしは、彼の作品にも大きく影響している。

シルバーのバングル(写真左)は、海岸で拾った鯨の骨を数ヶ月間、手で触りながらその有機的な形を感じ取り、落とし込んだものだという。エゾシカの角を原料にしたリングも、野生の魅力が詰まっている。他にも、〈AVM〉らしい特徴といえば、内側にさまざまなモチーフが彫刻されたリング。天使、星、動物や植物が、壁画のようにひとつひとつ手描きで彫られていて、その繊細さに息を飲む。

根室のアトリエを訪れたあと、地平線の意味をもつ“Land”というモデルのジュエリーをオーダーし制作していただいた。広くどこまでも続く、地平線の美しい風景を想い出させてくれると同時に、私にとっては御守りのような存在だ。ファッション性を超えて、身につけることに特別の意味をもつジュエリー。自分を高めてくれる、ささやかに精神を支えてくれるような魅力が〈AVM〉にはあるように感じている。

バングル rythme
110,000円(税込)

リング angel(gold)
231,000円(税込)

リング Rook
55,000円(税込)

問い合わせ先:HIBIYA CENTRAL MARKET
CABINET OF CURIOSITIES TEL:03-6205-4861
※受注生産

AVM www.avmdesignroom.com

MAIL