fbpx
ギアショップやガレージブランドにインタビューすることで見えてくる世界のアウトドアの潮流。米オレゴン州のポートランドに店を構えるショップ〈WORN PATH〉はストリートカルチャーとも交差するインスピレーション豊かな品揃えが魅力だ。ショップをスタートしたきっかけやアウトドへの思いをオーナーであるナイルズに語ってもらった。


インタビューに答えてくれたナイルズ・アームストロング。BIG THANKS!

– どんなスタッフで運営していますか?

今は2人で運営しています。僕、ナイルズはスケートボード、アンダーグラウンドミュージック、アート、様々なクリエイティビティに囲まれて育ちました。今でも自由な時間はそういったことに費やしています。そして、18年前にポートランドに引っ越してからは、アウトドアや自然の中に身を置くことが大好きになりました。また、労働者の権利や環境問題、現代においても、また歴史上においても平等を求める活動に興味があります。

もうひとりはジェイド・スタームスという女性。彼女はフリーランスのグラフィックデザイナーですが、僕が出れない時に店に立ってくれています。彼女は素晴らしいアーティストで動物の権利を守ることにとても熱心。ベースとギターのプレイヤーでパンデミック以前は、主にハードコアやパンク系の複数のバンドで演奏していましたね。

– ショップを始めたきっかけを教えてください。

何年も質素に暮らして、できる限り貯金をしてきました。自分自身のことをやるためにコーヒーショップの仕事を辞めて、お店を始める場所を探しました。ハイキングだけじゃなく、天気のいい日には公園でくつろぐようなことでも様々な方法で外に出ることを勧められるようなお店ができないか考えてたんです。それから、僕の大好きなアートやクリエイティビティ、そして1960年代から70年代のカウンターカルチャーの美学を表現できるような場所にしたいとも思っていました。

ラッキーなことにMississippi Recordsを運営している友人のエリックが店を移転することになり、そのスペースの家主の電話番号を教えてもらうことができたんです。次の借り手を募集する前に大家さんに話をしたところ、僕のアイデアを信じてくれて、まずは短期間の賃貸契約をさせてくれました。最初はわずかな商品からスタートし、徐々に商品を増やしていきましたね。

– 商品の品揃えにはどのようなこだわりがありますか?

お店に来るほとんどの人にとって手頃な値段の商品を揃えることが重要だと思ってます。

– 定番のアイテムとおすすめのオリジナルアイテムは?

本、お香、洋服、スケートボード、バックパック、ナイフなど、外で使える、あるいは外にいることでインスピレーションを受けるような機能的なアイテムを常に取り揃えています。

ここ数年、グラフィックアイテムを多くデザインしています。僕自身や友人がデザインした、さまざまなグラフィックのTシャツや帽子、ウォーターボトルなど、Worn Pathだけの限定アイテムがたくさんあります。

“The Whole Earth Catalog”をモチーフにしたTシャツ。
購入ページ→www.worn-path.com/collections/mens-clothing/products/worn-path-catalog-tee-shirt-black-or-navy-long-or-short-sleeve

“Meditation & Psychedelics”というキーワードが目を引くマグカップ。
購入ページ→www.worn-path.com/collections/home-and-outdoors-1/products/meditation-psychedelics-mug

最近では2019年4月に1ヶ月間、鎌倉に滞在した時に撮影した小さな写真集を発売したばかり。『Hajimemashite』というタイトルで、僕が初めて手がけた本です。過去に作ったアートをZINEにしたことはありますが、本格的な本は今回が初めてなので、すごく楽しみですね。


購入ページ→www.worn-path.com/collections/home-and-outdoors/products/hajimemashite-photo-book

– アウトドアではどのように過ごすのが好きですか?

とにかく外にいることが好き。街にいて天気が良ければ、スケートボードをしたり、自転車に乗ったり、友人と一緒に楽しんでいます。時間があれば、自然豊かな場所に行って、探索することも。夏はバックパックを背負って高山の湖に行き、キャンプを張って一日中泳いで、テントで寝るのが好きですね。また、ハイキングをして、その地方に生息する動物について学ぶのも好きです。どれも友人と一緒にやるのが一番楽しいと思います。


Colchuck Lake in The Enchantments, Northern Cascades, Washington


Mt Fuji from Mt. Nabewariyama Kanagawa, Japan


Plains of Abraham, Mt. Saint Helens, Washington

– 好きなアウトドアフィールドについて教えてください。

とにかく外にいるのが大好きなので、特定の場所を挙げるのはこれは難しいです。天気がよければ、バックパッキングやキャンプをするのが一番!


Hart Mountain, Oregon


Eagle Cap Wilderness, The Wallowas, Oregon

WORN PATH
4007 North Mississippi Avenue
Portland, OR 97227
www.worn-path.com/

MAIL