fbpx

NIKEがアパレル生産に変革を起こす画期的なイノベーション・プラットフォーム「Nike Forward」(ナイキ フォワード)を開発しました。

5年以上の研究を経て開発されたこのナイキ フォワード。紡糸・紡績、編み、裁断、縫製など複数の段階を経る工程とは一線を画し、ニードルパンチによって繊維から直接テキスタイルを作り出すのがナイキ フォワードの大きな特徴です。

工程を省くことでエネルギーを節約。今回の第1世代となる素材は従来のニットフリースよりもカーボンフットプリントを平均で75%削減することに成功しています。

また、ナイキ フォワード素材は、従来のニットフリースよりも密度が低いので、これも75%削減につながる重要な要因に。この生産工程により製品重量にして70%の再生原料を用いることを可能にしているということです。

ナイキ フォワードはまずグレーのフーディとクルーが登場。サステナブルの精神に基づき、このフーディは装飾や染料工程を省き、水の使用量をゼロに抑え、切りっぱなしのポケットをそのまま使用しているのもトピックスのひとつと言えます。

ナイキ エア、フライニット、フライレザー、スペース ヒッピーやネクスト ネイチャーなど、30年以上にわたるサステナビリティ志向のイノベーションに加わる最新の技術であるナイキ フォワード。

最初に展開される商品は、リサイクルしやすいように、ジッパー、アグレットや余分なトリムを用いずに制作されていたり、今後は工場や家庭から出た廃棄物を用いるなど、さまざまな素材構造でニーズに合わせて制作することができるようになるということで、NIKEのインパクトターゲット(環境に関する目標)達成の重要な鍵となるでしょう。

ナイキ フォワードはフーディとクルーの2スタイルで、2022年9月17日からNIKE.COMとNIKEアプリ及び一部のNIKE販売店にて発売予定です。

MAIL