fbpx
全てのランナーにとって最も大事なことは、出来るだけ長く怪我のないランニング人生を送ること。それは当然、ランナーをサポートするナイキにとっても大事な課題のひとつです。その「怪我ゼロ」を目的に開発された〈ナイキ ズームX インヴィンシブル〉がアップデートされて第3世代〈ナイキ インヴィンシブル 3〉となりました。早速、この新製品のメディアプレビューに参加してきました。

進化したポイント

「怪我ゼロ」を目指す上で、ナイキは多くのランナーの声を聞いたと言います。その中で大きかったのはやはりクッショニング。そのためにインヴィンシブルには、ナイキの誇る軽さと反発性を備えた〈ズームXフォーム〉がたっぷりと使われてきました。今回のアップデートではさらにフォームが6mm厚くなり、異次元の履き心地を実現しています。

「怪我ゼロ」のための定石となるのが、安定性です。〈ナイキ インヴィンシブル 3〉のフォームはかなり厚みがありますが、それに比例するように横幅もしっかりと確保しています。シューズを履いて真上から見ると、アッパーに比べてソール部分が横に大きくはみ出しているのが分かると思います。これが左右のブレをしっかり防ぎ、怪我ゼロにつながる安定性を約束します。そしてこれだけの量のフォームを使っていながら驚くほど軽いのは、ナイキ最軽量フォームである〈ズームXフォーム〉を使っているから。

安定性のためにはアッパーも重要です。しっかり足を包み込みホールドすることと、柔らかな履き心地を両立しなくてはなりません。今回の〈ナイキ インヴィンシブル 3〉には、このアッパー部分に新しいテクノロジーが使われています。軽くて通気性を備えたおなじみのフライニット素材で、サポート力の高いフライワイヤー ケーブルを挟み込みました。サポートの必要な部分に軽量でサポート力のあるワイヤーを配したことで、しっかりと足を包み込み、ソールとの一体感が増しています。ヒールカップも前作より小さくなって、かちっとハマり、日本人の足にも合っている印象です。

〈ズームXフォーム〉でランニングシステムを一本化

このように「怪我ゼロ」を実現するテクノロジーがふんだんに盛り込まれた〈ナイキ インヴィンシブル 3〉ですが、実は単に初心者向けのシューズというわけではありません。ナイキのトップシューズである〈ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%〉〈ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%〉をレースで履きたいという中堅、エリートランナーにとっても、本番と同じ〈ズームX フォーム〉で日々のジョグやロング走を無理なく行えるという大きなアドバンテージになります。事実、相澤晃選手小林成美選手のようなエリート選手も、トレーニングでは〈ナイキ インヴィンシブル〉や〈ナイキ エア ズーム ペガサス〉のようなシューズをうまく活用して、怪我なく距離を積むということをしているそうです。

〈インヴィンシブル〉でトレーニングを積み、ハーフマラソンに挑戦

わたくし、mark編集長の松田も4月のハーフマラソンに向けて、この〈ナイキ インヴィンシブル 3〉でトレーニングをはじめました。

実際に履いてみて一番に感じたのはアッパーのサポート力。フライニットの柔らかさは健在ながら、足をしっかりホールドして、特に左右のブレが全くありません。

走り出してみると厚さによる走りにくさのようなものは感じられず。きっと揺り籠のようなロッカー構造のためにライド感があるのだと思います。少しスピードを上げて前足部から中足部で接地した場合は、大好きな〈ナイキ ストリークフライ〉のような反発性もしっかり感じることができました。

この〈ナイキ インヴィンシブル 3〉を相棒に、長年の目標であるハーフマラソン90分切りを目指して、まずは怪我なく距離を積んでいきたいと思います。

ナイキ インヴィンシブル 3

ナイキ インヴィンシブル 3

¥22,000(税込)
製品ページ

MAIL